読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

症候群

症候群シリーズ、殺人症候群まで読みました。

殺人症候群を読むために失踪症候群、誘拐症候群を読む。
なんていうレビューがあったんですが正にそうでした。

本でしか表現できない結末
貫井さんらしい多人数出演での結末かと思いきや
別の視点で綴られた話が面白い形で合流する。

警視庁関連者の話
殺人代行人の話
息子の為、脳死患者を作る母の話

いつもの環(たまき)さんが率いる捜査隊が殺人代行人を追い、サブストーリーとしてドナーカードを持った人を殺していく母の話が進んでいく。

環側は実刑判決の軽い少年犯罪の被告人が連続で殺されている事件を追求し、被害者の会を隠れ蓑とした殺人代行人の尻尾を掴む。

所轄署の刑事が青年の事故死に何かあると踏んで捜査を始める。
怨恨の線は無くなんのために殺されたのかで詰まるも可能性をどうしても捨てきれない刑事は臓器提供という線を洗い出すことに。



残酷表現だったり、日常生活では吃るような言葉が出てくる。
だいぶしんどい。

ここまで書いておいていう言葉では無いけれども
万人に勧めることのできる本では無い